介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格に必要な資格

介護の仕事に就く場合、介護資格が必要になります。いろいろな種類がありますが一般的にはヘルパー2級が人気があります。現行制度ではヘルパーの資格に介護福祉士がありますがこれは国家資格です。介護関係の学校を卒業して、もしくは2級資格を取得して3年以上介護の現場で勤務して講習を受ければ、受験資格が得られるというものです。

いずれにしても介護資格を持つヘルパーや介護士は、介護現場の主役です。やりがいもあり力量や判断力も問われる仕事でもあります。介護を必要とする人々の様々な生活ニーズを把握して支援をします。その基本は相手の気持ちを汲み取ることです。中には意思表示がはっきりしない方もいるでしょう。よりよい介護をするためには相手に対する理解、介護の知識や技術が必要です。介護サービスを提供するだけでなく、高齢者や障碍者が住み慣れた地域で暮らせるように孤立しないように、地域での生活を進めていくことも重要です。家族介護者に介護方法を指導して支援することも仕事になっています。このように高齢者と接する機会が一番多く、最も身近な存在です。高齢者の生活を支える重要な役割を果たしているのです。高齢化社会にむけて今後もますます必要とされる職種です。

介護資格を取得して技術や知識を高めていけば、社会的信頼も増し活躍の場は拡大していくと考えられます。