介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

いろいろある介護資格

介護資格にはどのようなものがあるのでしょう。まずケアマネジャーですね。よく見聞きしたことがあるのではないでしょうか。もっぱら、居宅といいますか、自宅で介護する場合の支援を行います。介護される人のそれぞれの事情に合わせて計画を立てて、いろいろお世話できるようにするのです。もちろん、施設入居者の高齢者の介護もあります。そして、介護福祉士や社会福祉士、それから介護事務もあります。その他には介護職員初任者や福祉用具に関する専門家がいます。サービス提供の責任者とも呼ばれています。実際の介護の現場で接するのは介護福祉士や生活相談員でしょう。彼らが実際の現場で介護に取り組むのです。

介護スタッフは一時的ではありますが、介護される方と同じ施設で寝食を共にすることになります(深夜勤務の場合など)。介護職員基礎研修を受ける方は社会福祉士ではない方です。簡単に言えば、介護職員として介護サービスを始めたような方です。ですから、初心者が基礎を学ぶようなことになります。介護事務は医療事務のように、介護報酬を請求するための事務です。このように、介護にもいろいろな資格があります。いずれにしても人と接するのがいいという方が適していると思います。