介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格を取得するために、焦らずに実習を受けよう

介護資格を取得して、介護福祉士になる為には、必ず実習を受けなくてはいけません。介護実習は、各学校によって、カリキュラムや実習期間が異なってきますが、殆どの場合が、施設実習、そして、在宅介護の実習などがあります。中には、実際に実習に出る前に、事前の福祉ボランティアをして、高齢者や児童、障害者と積極的に接する事を推奨している所もありますので、学校に通いながら、ボランティア活動を積極的に行うと良いでしょう。では、どのようにして実習先を探せばよいのでしょうか。それも、各学校によって異なります。学校によっては、学校と契約をしている施設で必ず実習を行わなくてはいけないといった所もあるでしょう。

また、中には、学生自身が自分で実習先を探さなくてはいけないといった事もあります。介護実習では、実際に今まで学校で学んできた事の知識を問われます。実技の教科などで、繰り返し練習をしてきたシーツ交換や食事介護、排泄介護などを実践していきますので、焦らずにしっかりと自信を持って、実習に取り組むようにしましょう。こうして、実際に実習がどうだったかというのを、評価を受けて行きながら、どういった点を気をつければ良いのかといった所を、学んで、良い介護福祉士になっていくのです。