介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は介護を始めてからが本番

介護資格は介護に関する資格です。本当の資格は介護を始めてからが本番です。介護と聞くと大変そうだと考える方が多いのですが、うれしいことや楽しいことがたくさんある仕事が介護です。相手が直接に関わる仕事なのでさまざまな人とふれあいを持つ楽しさがあります。また、世話をした方々に笑顔になってもらえたり、感謝されたりするとうれしくなります。仲良くなれなかった方と打ち解けて、ありがとうや楽しかったという言葉は胸に響いて介護をする気力を与えてくれます。

介護資格はさまざまなシーンの経験をさせてくれます。楽しいことやうれしいことばかりとは限りないのです。そこからも学びが存在しています。学びであり人生は多くのことを経験をしていくことですが、介護も経験が必要です。経験をしていくことで本当の意味での資格を手に入れるのです。見えるものではなく、世話した方の感謝が本当の資格をくれるのだと考えさせます。入浴を拒否される方を説得して、喜んで入浴してくださるようになった時の喜びやかたくなに心を閉ざしていた方が少しずつ心を開いてくれたとき、ほんの小さな事でも、介護をしていて満たされるからです。本当の介護とは、単に大変なイメージではなく、自分なりに楽しさやうれしさを模索していくことが大切な仕事でもあるのです。