介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格には様々な種類のものがあります。

介護資格には、仕事に就くために必ず持っていなければいけない「免許」と、持っていなくても仕事に就ける「認定」の2種類のものがあります。免許資格とは、その人が必要な職種に必要な知識や技能を持っていることを保証するためのもので、多くの場合、国家試験に合格することによって免許を取得できます。有資格者は、職業的な専門知識や技術レベルを国によって認定されるものなので、資格試験の難易度は高いですが、職場では資格手当などの給与面での優遇を受けることができたり、社会的な信用度も高くなります。介護・福祉関係の資格では、社会福祉士や介護福祉士があります。

一方、認定資格は、その資格を保有していることで、その人の専門知識や技能のレベルを裏付けてくれるものなので、就職等で採用される際に、有利になることがあります。介護・福祉関係の資格では、ホームヘルパー、福祉住環境コーディネーター、臨床心理士などが該当します。資格の取得のためには、主に民間団体が行う認定試験に合格することが必要です。しかし、民間資格は国家資格と違い、法律による規定がないため、資格取得を利用した悪質商法も存在するので、その資格の主催団体がどういった団体なのかを事前にしっかりと調べておく必要があります。このような介護資格の取得を目指す際には、どの資格が自分に合っているかをしっかりと考慮して、選ぶことが大切です。