介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

ケアマネージャーの介護資格を取得して、役割を理解しよう

ある程度、長い期間介護職についておりますと、いずれは介護資格を取得して、ケアマネージャーになりたいと思う人も多いのではないでしょうか。そんなケアマネージャーには、仕事としてどういった役割があるのでしょうか。それは、何よりもお年寄りを取り巻く、チームの調整役といった役割があります。在宅介護を受けている人は、複数のサービスを利用する上で、ご家族やかかりつけの病院といった、とりまく環境をきちんと把握しておかなくてはいけません。特に、かかりつけの病院は、沢山掛かっておりますと、それだけ環境が複雑になってきますよね。そういったお年寄りに関する全ての人やものを一つにきちんとまとめて、ケアマネージャーはしっかりと調整していかなくてはいけないのです。

特に、ケアマネージャーが主催して行われる、サービス担当者会議というものは、サービスを利用しているお年寄りやご家族、そして、サービスを提供しているすべての事業所の担当者や病院などが出席して、お年寄りにより良い支援を受けてもらえるように、話し合う場になります。そういった会議には、日程調整から司会進行役もこなさなくてはいけませんので、ケアマネージャーの力量が特に試される場となるでしょう。