介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格の国家試験受験が必須になります

人の助けになる仕事はそれほど多くはなく、間接的に人の役に立っているという事はあっても、直接的に人の為に何かをするという仕事というのはあまりありません。ボランテイア活動をして直接的に人の為に何かをしたことがある人には経験があると思いますが、「ありがとう」と声をかけていただけることは大変嬉しく、励みになるのです。この様な経験をした人は、将来人のためになるような仕事を希望される方が多くいらっしゃいます。

介護福祉士を目指す人もこの様な人のためになることを職業としたいと考え、その道を選ばれる方が多いようです。しかし、簡単になれるものではありませんし、むしろそうであってはいけないはずです。人を相手にするのですから、大きな責任があるので介護資格取得は簡単であってはいけないのです。その証拠に今までは介護福祉士の養成施設(福祉大学等)を卒業された方は国家試験が不用でしたが、平成28年度からは受験が必須になります。

この様に、今までよりも難しい資格になっていく介護福祉士ですが、それ以上にやりがいのあるものと鳴るはずです。介護を必要とされる方からは感謝の言葉を貰えますし、介護をしている家族に介護の方法をレクチャーするという仕事もありますので、その人達からも頼りにされるのです。