介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

理想的な介護資格の取り方

介護資格の理想的なキャリアパスと言われているのが、介護職員初任者研修、介護福祉士、ケアマネージャーという流れです。まず、介護職員初任者研修は、初心者でも取得できる介護入門講座のような資格です。研修は最短で1カ月で終わり、最後に筆記試験がありますが、これは確認テストのようなもので、不合格でも合格するまで何度でも再試験ができます。従って実質研修に最後まで参加するだけで取得できる資格と考えてよいです。

その次に取れるのが介護福祉士です。介護福祉士になるには、実務経験3年以上のキャリアが求められます。介護職員初任者研修を取って、特老や有料老人ホームなどで働き、それから介護福祉士を目指している人が沢山います。介護福祉士になればホームヘルパーよりもずっと給料がアップし、提供できる介護サービスも幅広くなります。介護福祉士として働いて次になれるのがケアマネージャーです。ケアマネージャーは要介護者に最適なケアプランを作製したり、介護サービスが適切に行われているかチェックしたり、他の介護事業者と連絡を取り合ったりといった、全体のマネージメントを行う人です。ケアマネージャーになれば、介護福祉士よりもさらに年収があがり、責任ある立場に立って仕事ができます。