介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

代表的な介護資格〜介護福祉士〜

核家族化や高齢化など、社会状況の変化から介護の仕事が重要視されてきました。おそらくこれからもこの流れは加速をするのでしょう。介護職というのはなくてはならない社会インフラになっています。介護は「人」が対象となる仕事のため、専門性が求められる仕事です。そのために、介護職に就くのであれば、専門的な資格が必要になってきます。代表的な介護資格としては介護福祉士が挙げられます。必ずしもこの資格を有しなくても介護職には就けますが、もろもろの事情を考えればチャレンジすべき資格かもしれません。

介護福祉士を取得するためにはいくつかの要件があります。所定の学校や施設で学んでいることに加えて、3年以上の実務経験が必要になります。そのために、決して簡単に取得できる資格ではありません。しかし取得が難しいだけに取得をするとその専門性を生かして主導的な仕事ができますし、また収入面での上乗せも期待できます。とくに収入面に関しては、介護職は必要インフラであるにも関わらず、依然として待遇のあまりよくない職種であることが現実です。これからそういった面の見直しが行われていくのかもしれませんが、少なくとも介護福祉士の資格を有しておくことは、さまざまな面で有利になると思います。