介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格の需要について考えたこと

高齢化社会と呼ばれる現代社会において、介護の需要は高まっています。日本には介護保険制度があり、これを支払うことによって将来介護が必要な状態に陥った時に、その保険料から賄ってサービスを受けることができるようになりますが、介護のサービス提供者の数が圧倒的にニーズを満たせていない現状にあるため、自治体によっては介護保険料を使いきれないところもあるようです。介護の仕事の人手不足がここに大きな影響を与えています。

一方介護の仕事は非常にストレスのたまるものであり、かつ給料がさほど高くない傾向にあります。これを背景として、仕事から発生する燃え尽き症候群も多く、また利用者に対する虐待問題も時にはニュースで取り上げられることがあります。これは働き手の意識の低さではなく、仕事の厳しさによってそういった状態に追い込まれていると理解全て気点です。

このような状況において、介護資格を持つ専門性の高い介護職員が増えることが求められています。仕事におけるスキルの充実からストレスを一定程度下げることができますし、職場の状況改善を促すこともできます。しかしそのためには介護業界に対する賃金の引き上げも求められなければなりません。どれだけ専門性を持っていても、人材の確保のためにはお金が必要なのです。