介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

将来性がある介護資格

家族に要介護者がいると、介護というものの大変さが身にしみてわかると思います。その介護を仕事としているのが、ホームヘルパーや介護福祉士などです。要介護者のトイレ、食事、お風呂、着替え、体位変換などの身体介助や、掃除や洗濯、買物代行などの生活援助などを主にしていて、時には要介護者やその家族の相談に乗ったり悩み事を聞いたり、親身になって寄り添ってくれます。ホームヘルパーや介護福祉士などの介護のプロがいるおかげで、要介護者の家族は体力的、精神的な負担をずっと減らすことができるのです。

介護資格を持っていなくてもホームヘルパーとして働くことができますが、介護資格を持っていることでより責任ある仕事が任せられるし、月給や時給も良くなります。介護資格の最初のステップに介護職員初任者研修があり、介護職員初任者研修を取得して実務経験を積めば、国家資格の介護福祉士(ケアワーカー)への道が開けます。そしてさらに実務経験を長く積む事で、福祉の上級資格である介護支援専門員(ケアマネージャー)資格取得の受験資格を得ることもできます。日本において介護資格はとても将来性があり、取っておけば将来仕事に困ることがないと思われます。