介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格の概要について

介護資格の概要について、資格の種類や、仕事内容、取得の条件などを交えながら、説明いたします。介護系の資格は様々な種類があり、資格取得条件や難易度もそれぞれです。介護分野において最上級の資格は、ケアマネージャーという資格であり、介護支援専門員という名称となっています。受験するためには介護に関する実務経験が5年必要となり、合格率も2割程度と最難関のライセンスとなっています。次に重要な国家資格としては、介護福祉士となっており、こちらについても、実務経験3年以上という条件が設定されている難関資格です。介護に関するプロとして、非常に求められる資質も高い職種として有名です。

介護福祉士を目指す介護職の方が取得している資格としては、ホームヘルパーという資格があります。ホームヘルパーには一級と二級が設定されており、ホームヘルパー一級は介護福祉士を受験するための必須資格として存在します。仕事面においては、介護現場において、介護サービスを提供する立場のリーダー的な役割があり、介護福祉士をサポートする役目も担っています。ホームヘルパー二級に関しては介護の世界で仕事を始めるためにも必要な資格であり、基本的な介護に関する知識が求められます。