介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

事務所に欠かせない介護事務の介護資格

介護スタッフというと高齢者や身障者の移動や寝起きを手伝ったり、食事や入浴、排せつなどを介助したりするのが仕事ですが、同じ介護の仕事でもデスクワークをするのが介護事務スタッフの仕事です。介護事務スタッフとは、介護関係の事業所で、「介護報酬請求業務」というレセプトを作成したり、訪問するゲストの対応にあたったり、電話を受けたり、書類の管理をしたりといった、その他事務所のオフィスワーク全般を行う人のことをいいます。介護事務の仕事をするにはレセプト作成の知識が必要です。介護事務を募集している求人を見ると未経験でもOKな場合もありますが、資格を持っていたほうが専門知識をアピールできるし採用率が高くなります。

介護事務の介護資格は比較的ハードルが低く、受験資格はなく誰でもチャレンジできます。通学する必要がないのでマイペースで勉強しやすく取得しやすい資格です。通信教育の教材で自宅学習をすれば、最短で3日で取得できます。試験はなく決められたカリキュラムに沿った形でテキストで勉強をしていればカリキュラム終了後に資格取得の修了認定書がもらえます。介護の実務はハードで体力がいりますが、介護事務はデスクワークなので年を取っても働きやすい仕事です。