介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

今が狙い目の介護資格は通信教育で取得

数ある介護資格の中でも介護福祉士は、介護関係の仕事に就いている人達にとってはステップアップするためや、転職や就職で有利になる資格として知られています。受験資格に実務経験満3年と決められていますが、試験日の前日までに満たしていれば受験資格として認めらますので、願書を出す時点で満たしていなくても問題ありません。2016年度の試験から、450時間の研修を受講していることが受験資格に加わります。このことからも、今始めることでとても狙い目な資格ではないでしょうか。

資格取得で幅広い知識がついて毎日の仕事にも大きく役立ちます。結婚して家事や育児で一旦仕事から離れてしまった女性の再就職の時に取得を考える人も多いそうです。毎年多くの人が、仕事をしながら介護福祉士の資格取得にチャレンジしています。仕事や家事育児をしながらとなると独学では中々難しく、テキストを選ぶにも沢山ありすぎてどれを選んだらいいかわからず迷ってしまったり、ノウハウなどは学校で勉強することを考えると劣るので、通信教育ならテキストや問題集などが一式で計画的に送られてくるので、自分のペースで無理なく学習を進められます。添削指導があり、課題を通して先生とのやりとりができるのでモチベーションも保てるといった評判もあるそうです。介護福祉士の資格取得は通信教育が断然おすすめです。