介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

お年寄りとその家族をサポートする介護資格

家族の負担を減らし、お年寄りが自立した生活ができるようにサポートをするのが介護職員の仕事です。介護を必要としているお年寄りが増加していることにより、介護施設が全国各地に沢山建ってきています。介護施設は特別養護老人ホームのように公的に運営しているところもあれば、有料老人ホームのように民間で運営しているところもあります。特に有料老人ホームは各施設で設備に志向を凝らし、ホテルのような快適度の高い設備や行き届いたサービスを提供している所が増えています。そんな施設で働いてお年寄りの手や足となって支えてあげるのが介護職員なのです。無資格で働いている介護職員の人もいますが、ホームヘルパーの資格を持っている人がほとんどです。

ホームヘルパーの資格を持っていれば、有資格者という事でお年寄りもその家族も安心して介護を任せられるし、実際にしっかりとした介護の知識・スキルを身に付けているので的確に効率的に仕事ができます。ホームヘルパーの介護資格は通信教育とスクーリングで取得できます。通信教育だけだと29,000円くらいから、スクールへの通学だと70,000円くらいの学費で取得可能です。資格を持って3年以上施設で働けば国家資格の介護福祉士にキャリアアップすることもできます。