介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格で就職に有利なのは?

これから先は高齢者が増えていく中で、医療従事者や介護職員は必要不可欠な存在となっていくでしょう。比較的社会人になってからでも取得しやすいのは介護資格で、女性の方は育児からの社会復帰や家族への介護を考慮して、資格を取得しようとする人も増えてきています。中でも就職や転職に有利なのは、国家資格の介護福祉士です。学生なら、介護福祉系の専門学校や短大に通えば卒業と同時に介護福祉士の資格を取得出来ます。社会人であれば、実務経験3年以上で受験資格があるので国家試験に受かれば資格を取得出来ます。一般的には介護職員初任者研修を取得して働きながら勉強して、介護福祉士の資格を取得する場合が多いです。

高齢者の多くは、住み慣れた自宅での生活を望んでいる場合も多いです。そんな高齢者をサポートする訪問介護をするなら、介護職員初任者研修か実務者研修か介護福祉士の資格を持っていなければいけません。介護職員初任者研修はスクールや講座で学んでから簡単な筆記試験があるのみなので、比較的取得しやすいです。介護福祉士は合格率は6割ほどで、介護支援専門員は難易度が更に高くなってきます。施設などの勤務なら資格がなくても出来ますが、やはり資格がないより持っていた方が有利です。まずは、介護職員初任者研修から取得して介護の現場で働いてみてはどうでしょうか?