介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格である介護支援専門員とは

介護福祉士の人が目指すとよい介護資格がケアマネージャーとよばれる介護支援専門員です。介護支援専門員は、介護について総合的なアドバイスやモニタリング、包括的なケアプランの作成などが主な仕事となります。その他にも施設や行政と連携をとって様々なサービスを提供する役割を担っています。実際に高齢者の介護をするわけではなく、介護士に指導やアドバイスをする立場にあります。

このケアマネージャーになるためには介護の実務経験が5年または10年が必要となります。介護福祉士や社会福祉士などの資格があれば5年でよいですが、このような資格を持っていないと10年必要です。このように、ある程度の経験を積んでからではないと受験することもできません。そのため、自然と介護福祉士の人が目指す資格となっています。受験資格を持っている人であれば、「介護支援専門員実務研修受講試験」という試験を受験することができ、合格したら実務研修を受け、レポートの作成と提出をすればケマネージャーになることができます。

ケアマネージャーになるためには経験と知識が必要となり、大変ですがキャリアアップにつながる重要な資格の1つです。介護福祉士の資格をとって、事務経験が5年あれば受けてみることをお勧めします。