介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格である介護福祉士の取得方法

介護の仕事をしている多くの人、介護関係の職業に付きたいと思っている多くの人が目指す介護資格といえば介護福祉士です。介護福祉士とは、介護の専門知識があり、障害などにより日常生活を送るのが困難な人に対して介護を行う仕事です。介護福祉士になるためには2つの方法があります。

1つ目の方法は、厚生労働省が指定する養成施設を終了する方法です。養成施設を終了すれば、試験を受けることなく介護福祉士の資格を取ることができます。養成施設とは、介護福祉士を要請するための学校です。養成施設には、専門学校や短大、大学などがあり2年以上通う必要があります。福祉系の大学で指定科目を受講していれば養成施設は1年でもよい場合もあります。小さいころから介護の職業に就きたいという希望があればこの養成施設である専門学校や大学に入れば、介護福祉士の資格を卒業と同時に取得することが可能です。もう1つの方法は、介護の業務に3年以上従事している人が介護福祉士国家試験を受け、合格することです。これは今現在、介護の仕事に就いている人、途中で介護の道を目指した人が取得する方法です。

このように途中から介護の道を進んだ人でも取得できる資格となっています。