介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格をとって有利に就職、転職しよう

私は介護関係の事を大学で勉強し、介護関係の仕事につきました。大学の時には介護職員初任者(ホームヘルパー二級・訪問介護員二級)という介護資格をとっておいたほうがいいと言われ資格を取りました。介護関係の仕事につこうと思っている人が、一番最初にこの資格をとることが多いと聞きました。今この資格を持っていなくても、この資格を持っていると、給料が上がったり、正社員として採用してもらえることも多いので、一番最初はこの資格を取ることをおすすめします。

また、私の大学時代の友人なのですが、介護保険事務という資格をとり、介護関係の会社で事務職として働いています。この資格を友人が取ったときは、通信講座でとっていたので、私も次なるステップアップのためにこの資格をとってみようか検討中です。介護の仕事で一番重要視されているのがホームヘルパー(訪問介護資格)だと思います。なので介護職員初任者の資格を持っていれば、有利に就職や転職活動をすることができるでしょう。給料も2万円くらい上がることもありますし、正社員として雇ってもらえることも多いので、この資格を取るには少し費用がかかりますが、早めにこの資格を取得したほうが、長い目で見た場合とてもお得だと言えると思います。