介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

福祉施設でのデスクワークの介護資格

介護事務は、介護報酬請求事務を行う介護資格です。介護サービスの料金は、1割を利用した方が負担し、残りの9割は市町村が負担をします。この介護報酬請求事務とは市町村が負担をする料金を請求する仕事です。請求するといっても市町村に出かけるのではなくパソコンで電送します。介護事務は介護報酬請求がメインとなる仕事ですが、従業員の給与計算や勤怠管理、受付や電話対応など一般事務も行う場合がほとんどで、一般事務の仕事がメインといってもいいかもしれません。

この資格は介護を中心としている施設では必須ともいっても過言ではないくらい必要な資格になります。最近では多くの介護施設があるので需要も多く感じる方もいるかもしれませんが、この専門的な知識を持った方が施設に一人いれば十分ということもあり、需要が高い資格とはいえない部分もあります。しかし、施設では必要な知識ということもあり、介護施設に勤めてこの資格を有していることを報告しておけば、事務で空きが出た場合には優先的に候補として、事務職に移動になる可能性は高くなります。介護施設でデスクワークを希望する方にはお勧めの資格で、是非取得しておきたい資格でもあります。事務職となると空きがない限りは就職できませんが、取得しておくことでいつでも対応することができます。