介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護の業界では第一歩となる介護資格

多くの介護の資格に携わる方が、第一歩として受ける介護資格に介護職員初任者研修があります。以前はホームヘルパー2級などが第一歩としての資格として役割を果たしていましたが、名称が変わり、この介護職員初任者研修に生まれ変わりました。介護職員基礎研修やホームヘルパー1級なども1本化され介護職員実務者研修に変わっています。この初任者研修は、以前のホームヘルパー2級と同じように研修時間が130時間必要です。また、研修後には修了試験がありこの試験に合格する必要があります。

試験と聞くと難しく感じる方もいるかもしれませんが、研修を受けた方なら合格できるような試験になっています。また、不合格となっても補修があり、再試験で合格できれば良いということもあり、最終的には合格できる資格ともいえます。この研修では、介護実践の原則や自立支援に関すること、買い物のための支援や快適な住環境など様々な、介護に対しての基礎知識を学ぶことができます。介護はこれから最も必要とされる知識の一つであり、仕事としてだけでなく家庭でも必要とされる知識です。介護の仕事に携わろうとする方、家庭で介護が必要とされる方など様々な方に受けていただきたい研修の一つです。