介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

様々な業種で必要とされる介護資格

介護資格の中で福祉業界だけでなく、医療や建築などの業界など様々な分野で活躍の場がある資格に福祉住環境コーディネーターがあります。この資格は、介護が必要な方などが住みやすい環境を提案する専門家です。福祉や介護をする方の観点からだけでなく、医療や建築などの総合的に判断し、最も良い環境を提供するのが、この福祉住環境コーディネーターの仕事です。この有資格者が必要とされている理由に、幅広い知識や観点があります。各業界では、その業界の観点や知識から住環境を見ることしかできません。それでは本当にいい住環境を整えることができず、住みにくい環境となってしまいます。しかし、この有資格者がいることで、他分野の観点からもアドバイスができ、各職場ではとても重要な意見の言える存在になります。

この資格には1級から3級まであります。3級は合格率も比較的高く取得しやすい資格です。1級は平均4%程度と難関の資格でもあります。どの業界でも専門的な知識を求められています。難関の1級を取得することで、その資格者の意見も重要視され各業界にとってなくてはならない存在になります。これから更に高齢化社会が進み、この有資格者が重要視される資格です。