介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格は通信教育と外部の模試で受験に備える

介護資格にも色々な種類があります。

国内も高齢化社会と言われるようになって大分経ちました。周りを見てもお年寄りの人が多く生活していますし、その中で健康に暮らしている人はいいですが、病気やけがで介護が必要になる人も多いです。その場合利用するのが介護保険を使った介護サービスです。介護といってもそれに携わる職業は沢山あり、様々な介護資格があります。

例えば、リハビリや入浴、食事等を提供する通所型の介護施設では入浴や介助に携わる資格を持っていないと働けません。一般的に介護士と言われる人たちですが、その資格は数か月の講習と実習で手に入れることのできるものから、国家試験を合格して手に入れることが出来る国家資格とあります。また、介護施設では看護師の勤務が義務付けられていますので、看護師の資格を持った人も必要です。

リハビリなどの機能訓練を行う場合、リハビリの資格やそれに準じる資格を持った人が必要です。看護師もリハビリ職種も国家資格になります。場所によっては介護支援専門員の資格を持った人がいます。これは利用者さんに対して、どのような介護サービスを使ったらいいかを提案し、実施するための資格で、都道府県で行われる試験に合格することで資格を得ることが出来ます。介護施設によって、他にも様々な資格を持つ人たちが働いています。